整形を身近にしたヒアルロン酸の存在を知ろう|形もハリも思い通り

つやのある肌を作る方法

鏡を見るウーマン

加齢による影響

加齢は、肌に様々な影響を及ぼします。年を取るということは誰でも訪れる平等なものですが、やはり若い頃のつやのある肌が恋しいと思う人は多いでしょう。特に女性であれば、そのような願望が強く加齢による影響を気にする人が多くいます。加齢によって肌のはり、つやが失われると、しわ、しみ、くすみなど様々な肌トラブルをもたらします。その原因は、肌の持つ成分に関係しています。生まれたばかりの赤ちゃんの肌がつやつやなのは、肌に含まれるヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分が豊富だからです。保湿力が優れているので、ぷるぷるでみずみずしい肌が保たれます。しかし、年を取るにつれて、長年の紫外線の蓄積や、女性であればメイクによる刺激、また体内機能の衰えなど様々な原因によって、保湿成分は失われていきます。そうすることで肌が乾燥しがちになり、紫外線やメイクなどの刺激を受けやすく、しみ、しわなどの肌トラブルを作り出してしまいます。そのため、失われたヒアルロン酸やコラーゲンを人工的に補充することによって、そのようなトラブルを解決することが出来ます。

成分補充の方法

では、ヒアルロン酸やコラーゲンを補充するには具体的にどのようなことを行えば良いのでしょうか。その方法は大きく分けて二つあり、一つが自分でケアする方法、もう一つが整形外科などでプロの手によって補充してもらう方法です。自分でケアする方法は、とにかくヒアルロン酸の豊富に入った化粧品や化粧水、サプリなどを積極的に、そして正しく使うことです。同じように見える化粧水でも、それに含まれる成分には様々な違いがあります。出来るだけ保湿成分が豊富なものを選ぶようにし、つけるときはパックなどをしてきちんと肌に浸透するように使い続けることで、しわやしみを改善し、潤いのある肌を取り戻すことが出来ます。また美容整形外科での方法は、ヒアルロン酸注射という方法です。これは、ヒアルロン酸を肌に直接注射して補充する方法で、自分で行うケアより確実に保湿成分を浸透させられる方法です。自分でのケアに比べて費用はかかってしまいますが、効果は高く人気を集めています。予算や目的に応じて自分にあった方法でケアを行い、肌トラブルを解決させましょう。